©京都市醍醐いきいき市民活動センター

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

「四十にして惑わず!?」~あえて、苦手と思っていたことに取り組む!株式会社プラスホーム代表取締役 佳山光徳さん

佳山さんは、現在40歳、奥さんそして2人の娘さんと小栗栖に住んでいます。4年前に株式会社プラスホームを設立して、小栗栖で不動産業を営んでいます。半年前から、従来の不動産情報だけを載せたチラシのスタイルを「プラスなニュース」というネーミングのものに変え、地域の身近な情報、たとえば飲食店の出店情報の提供や地元の隠れた名所の紹介などを行っています。このミニ情報誌「プラスなニュース」が、地域の人と人をつなぐことになりました。「プラスのニュース」で、“醍醐にコーヒーショップが新登場!”という記事を載せたところ、その記事を見た方が「ヒーローズコーヒー」に来店されたそうです。このようなことから、さぞかし佳山さんは、地域情報を発信することが好きで、飲食関係に関心の深い“グルメ”な方だと思ってしまいます。しかし、実際に話をお聞きすると、真逆で“意外?な一面”を知ることになりました。 佳山さんは、京都市右京区で生まれました。その後、二度の引っ越しを経て、長岡京市で学生時代までを過ごしたそうです。元来は、人見知りで、新しい輪の中に入るのを躊躇する少年だったと言います。小学校3年生の時、長岡京市の学校に転校したことが、人生の1つ目のターニングポイントだったとのことです。ブログに「担任の先生と仲間たちの出会いで“根拠のない自信”がつき、助け合うことの大切さを学びました。」と綴っています。 小栗栖に住まれてから10年ぐらいになるとのことですが、小栗栖のことは知らないことが多いと言います。「情報を発信することについては、どちらかというと消極的でした。もともと飲食関係のお店が好きでもないし、グルメでもないんで
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now