©京都市醍醐いきいき市民活動センター

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

人づくり、地域づくり…ひとすじ35年!~“仲間”がいるからこそ-琴弾山町内会会長・田中 卓眞(たなか たくま)さん

田中さんは、70歳、地域でいろいろな活動をされています。田中さんをズバリひとことで紹介すると「あの人ならやってくれる!」と周りから常に頼りにされる信頼感と期待感が並みはずれて大きい人・・それが田中さんです。周りの方が田中さんをほっとかない、頼りにする・・それは、これまで長い間、頼まれごとを誠実に実行する田中さんの姿勢や人柄が、周りから尊敬され慕われているからだと思います。 現在、田中さんは、石田大山町の琴弾山町内会の会長です。3年前に町内会長になりました。地域に住まれている方が高齢化していく中で、次世代への橋渡しを明確に意識して会長になられたそうです。ルールを制定するなど集会所の使い方の見直しを行い、誰でもできるように「引き継ぐことができる町内会」にしていくのが、自分の役割、務めだと考えています。3年前、これまで行われていなかった町内の夏祭りを開催し、また定期的に住民の方が憩える場として、今年に入ってから集会所で「ふれあい喫茶」を始めました。毎月、コーヒなどを飲みながらおしゃべりをしたり、カラオケをして楽しんでいます。集会所が町内において中心になるべき場所であり、憩いの場をつくることによって、住民が愛着をもつようなものになればと田中さんは思っています。 田中さんは、愛媛県の八幡浜市で生まれ、高校までを過ごしました。その後、京都に住まれたそうです。そして、石田大山町には、40年前に移って来られました。その後、地域で少年補導委員(山科少年補導委員会 村井信夫会長)になりました。少年補導委員になられて35年になるそうです。現在も青少年の健全育成(青少年が地域や大人といい関係を作ってい
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now