©京都市醍醐いきいき市民活動センター

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

時代の変化を捉え、すべての英知を商品に注ぐ!~小さな変化を見逃さない地道な努力 パイ&カステーラ 山崎屋 山崎 信太郎さん

醍醐のメインストリートである外環状線を歩いていて、ふと目にとまったお店がありました。外から見ると、ケーキ屋さんのようではあったのですが、なんだかレストランのようにも見えました。お店に入ってみると奥にはピアノがあり、まるでバーのような雰囲気でした。カウンターの店員さんに、「このお店はいつから営業されているのですか?」とたずねると、「1983年からです。今年で創業34年になります。」という答えが即座に返ってきました。醍醐のスイーツのお店として34年の長きにわたり営業を行っていることに驚くとともにこのお店に関心を持ちました。今回、山崎信太郎さんにお店についてのお話をお聞きすることができました。山崎さんは、現在39歳、創業されたお父様とともにお店の屋台骨を支えておられます。 「パイ&カステーラ 山崎屋」は、1983年、醍醐池田町において、山崎さんのお父様が創業されました。お父様は、独立してお店をスタートするにあたっては「単なるお菓子屋ではなく複合店」を作りたいと思われたそうです。お菓子のテイクアウトだけでなく、店内でも食べていただけるようにカフェスペースを設け、ケーキだけでなく、食事ができたり、カクテルを楽しめたり、また、ライブ演奏やピアノ発表会、パーティー会場としても利用できるような複合店です。 創業当時、山崎さんは5歳で、小学校4年生まで右京区に住んでおり、嵯峨野小学校に通っていました。学校が終わると母親の運転で1時間ほどかけてお店に来て、閉店後にまた嵯峨野まで帰宅するという生活が続きました。そして、5年生の終わり、池田東小学校に転校してきたそうです。父親の背中を見て育ってきた山崎
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now