©京都市醍醐いきいき市民活動センター

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

観光がまちを変える!~異文化に出会う場所〜「京都月うさぎ」 スタッフ 森 瑛介さん

「京都月うさぎ」(以下、月うさぎ)は、昨年の12月に開業したゲストハウスです。地下鉄石田駅から徒歩1分、日野の法界寺に向かう“日野道”に面したところにあります。ベージュ色を基調とした2階建てのモダンな建物は、この界隈では際立っています。しかし、この建物はなぜか“ほっと”するような優しさを醸し出しており、全体として落ち着いた雰囲気を周囲に与えています。 客室は、1階に11室、2階に9室の合計20室(共有タイプと個室タイプ)があり、1階の奥には、2つの浴槽をもつ露天風呂と2階には、共有スペースとして広いダイニングキッチンがあります。これらの設備があるということが、月うさぎの大きな特徴となっています。現在、総勢4名の日本人スタッフが交代で宿泊客の応対を行い、ゲストハウスの運営を行っています。 スタッフの森さんは、今年の4月から月うさぎの運営責任者として、醍醐の石田に来られました。森さんは、「楽しいです!ゲストの皆さんとの交流ができています。」と笑顔で話します。 月うさぎの稼働率は、繁忙期(年末年始、桜の季節、紅葉の季節)は、70%を超えるとのことです。宿泊客の内訳は、外国人が7割で日本人が3割という比率だそうです。 ルールがあればこそ 月うさぎに宿泊をする際に受付で「施設案内とハウスルール」が、スタッフから宿泊客に手渡されます。そこには、月うさぎを利用するための注意事項や禁止事項が記載されており、ルールに違反した場合のペナルティーが具体的に列記されています。特に京都市のゴミの分別については、細かく記載されており、宿泊客は、月うさぎを利用するにあたってこのハウスルールを守ることが求めら
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now