©京都市醍醐いきいき市民活動センター

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

「図書館という場を生かす」~“出会い”と“コミュニケーションのきっかけ”づくり~京都市醍醐中央図書館

京都市醍醐中央図書館(以下、醍醐中央図書館)は、「パセオ・ダイゴロー」の西館4階にあります。「パセオ・ダイゴロー」の地下には、地下鉄東西線「醍醐駅」があり、交通アクセスは抜群です。醍醐中央図書館は、京都市では初めてビデオテープやCD等の視聴覚資料が視聴できる画期的な図書館として、平成9年(1997年)の4月にオープンしました。一昨年、開館20周年を迎えました。 醍醐中央図書館は、京都市内にある4つの中央図書館の1つであり、醍醐をはじめとする京都市東南部地域の中核的な図書館として、図書約23万冊、視聴覚資料約2万点という豊かな蔵書、資料を備えています。現在、33名(アルバイトを含む)の職員の方が働いています。 「少子高齢化」「人口減少」という大きな社会の変化の中で、図書館の姿も、大きく変わろうとしています。現在、醍醐中央図書館がどのようなことに力を入れておられるのか、そしてこれからどのような取組みを行っていかれるのかについて図書課長の山内卓さんにお話をお聞きしました。以下、いろいろな図書館の取組みについて、ご紹介したいと思います。 これまでの図書館の取組み 京都市の図書館では平成28年度より、赤ちゃんと保護者の方に絵本を通して心ふれあうひとときを届ける活動「ブックスタート」を行っています。具体的には、8カ月健診で本を1冊プレゼントして、読書の記録簿として「〇〇さんの本の手帳」を配布しています。 醍醐中央図書館では、毎月第2水曜日に「あかちゃんといっしょ~絵本の会~」を講義室で行っています。各保育所と連携し、その時に随時「育児相談」も行っているそうです。また、毎月2回行っている「お
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now